スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

鮎の姿寿司

  鯖にも負けません。
・ 鮎を背開きにし、丁寧に骨をとり、塩をしてしばらく置く。たっぷりの酢の中に塩をした鮎を入れまたしばらく置く。
・ 酢の中から取り出し、水分を軽くふき取ってから、酢飯を詰め、姿を整える。
・ 昔から、夏祭りや秋祭りの神祭のご馳走として振舞った。

 

あゆ寿司

スポンサーサイト

鮎のセゴシ

郷土料理と呼ぶならこれ。

 セゴシとは「せごと全て」という意味で、若アユ(6月ごろ)をせごと小口切りにする。

季節の野菜、キュウリやりゅうきゅうで酢ものにする。

酒の肴にぴったり。


鮎のせごし 



| ホーム |
Page Top↑

あるがままの川の博物館

四万十くろそん宿街道

黒尊のうまいもの

黒尊を楽しむ

食事処-しゃえんじり
日用品-毛利商店
屋形舟-寿屋
自転車-りんりんサイクル
自動車-カート場
登山-

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。